インフォメーション
経営理念
事業内容
医薬品開発
会社概要
経営理念
社名・マーク
アクセス・問い合わせ
 
経営理念
 
 日本の産業構造は、この100年余の期間に1次産業から2次産業へ、さらに3次産業へと急速にシフトしてきています。急速な技術革新とグローバルマーケットにおける競合の激化は、日本の製造業の海外移転を余儀なくし、新たな産業の創出が課題となっております。
  このような状況の中で、知識産業の育成とりわけバイオテクノロジーが1次産業〜3次産業を再編する可能性を秘めていることから、バイオサイエンス領域の産 業創出が待望されてまいりました。こうした中、日本各地にバイオクラスター形成を促す産業政策と、大学発ベンチャー育成の施策を受けて、これまで事業化に 慎重であった公的機関の優れた研究者が自らの研究成果を社会に還元する取り組みを始め、国際競争に耐える高い水準のバイオベンチャーが設立されるように なってまいりました。

 株式会社Oncomicsは、人類が長期にわたり闘い、克服しようとしてきた“がん” を標的にしたオーダーメイド診断と治療薬の開発を使命とし、創業の中心メンバーである高橋隆らが、長年携わってきたがん研究の成果を社会に還元する目的で 設立されました。当社は、最先端のゲノミクス及びプロテオミクス解析技術を基盤として、オーダーメイド医療の実現に必要ながんの術後再発予測診断、がんの 早期発見・診断、抗がん剤の薬剤感受性診断など、個別的な臨床病態予測法の開発とその提供を進めるとともに、その過程を通じて得られた情報を基に構築した データベースを活用し、難治がんに対する革新的な分子標的薬の開発を目指します。
  このように、現時点で可能な限りの個別最適医療の提供を目指すとともに、将来的には、これらを統合しがん患者個人及び国民全体が最小限の負担で最大限の治療効果を得られるよう、トータルシステムとして広く提供することを目的としています。